2007年09月12日

スケールの話をちょこっと

今日はデイミニッシュのスケールの話を少しだけいたします

最初は T#dim7 を題材にします
ディミニッシュはこれだけではありませんが 先ずはこのディミニッシュを理解して下さい ディミニッシュの中でも もっとも理解しやすい内容です(それでも簡単ではありませんが)

音源です



PDFファイルです

dk02-01.pdf

dk02-01.JPG


それでは 順をおって解説します


@普通のコード進行です ジャズではもっとも一般的なT-Y-U-Xです

AY7のA7に♭9のテンションを加えルート(根音)をオミット(除く)し 結果的にC#dim7というコードになっています
 A7≒C#dim7 は前回説明済みです

@とAは基本的なサウンドは同じですが 響きやニュアンスが若干変化しています だけど 書いている僕自身は ほとんどその違いを感じません コピーした場合など どちらのコード表記をしようかと悩みますが どちらも一緒なので 悩む僕が馬鹿です 同じものです

B @の進行における普通のスケールです
 スケールを考える場合 ひとまずはこれを覚えて下さい

元となるスケール(この場合はCのメジャースケール)を基本において コードトーンに合わせてターゲットとなる音を変化させる

言葉にすると こういう事です

C#dim7 という表記でも 元になるスケールはCのメジャースケールなんです(これを知らない方が 驚くほど多い)
C#dim7の構成音は C# E G B♭ です
Cのメジャースケールに含まれない音は C# と B♭です
この部分だけを変化させます

スケールを聴いて戴ければ判るように 大変スムーズで だけど少し転調感がある素敵なスケールが出てきます

昔の音楽ならば これだけで十分だったのですが 中にはこれでは飽き足らないと言う方もいらっしゃって
もちょっと何とかならんか?と考える欲張りな方がいらっしゃるんですねこれが

話は大きくなりますが この「もちょっと何とかならんか?」と言うのは 人類の歴史を通じて大切なことで 今日の人類の繁栄(滅亡一歩手前だとも言えますが)の原動力になったコンセプトなんですね

音楽(ジャズに限らず)の世界も 似たような状況で 大変な盛況ではありますが 危機を孕んでいる感も否めません
まあ それは置いておいて


Cは Bの自然な感じでは物足らずココにコンディミを当てはめましょうと そう考えてスケールを大きく変化させています
DとFの音を半音上げるという 斬新的な手法(暴挙?)です
聴かれれば判るように サウンドが大きく変化します これは僕でも判るくらいに大きく変化しています

この部分の解説は 後で詳しく致しますが 先を急ぎましょう

Dは Bで説明したディミニッシュのスケールは実はインチキがありまして 本来のスケールはこのDになります
ところがこのスケール 少々不具合がありまして 最後のB♭からC#に向かう音が 飛び過ぎています 音程的には増2度 普通に言えば短3度 もっと簡単に言えば 半音3個分の隙間があります

この半音3個という隙間は 一般的には スケールとしては飛び過ぎなんです
基本的には スケールは全音又は半音で上下するのが基本で この半音3個と言うのは ハーモニックマイナースケールでは出てきますが これはあくまでもハーモニー(和音でもコードでも宜しい)を作るために便宜的に作られたスケールで 一般的では有りません これを使うと チゴイネルワイゼン! と言う雰囲気になってしまいますが とりあえず この項には関係有りません

そこで この隙間を埋めるために本来のCのメジャースケールに含まれるCの音を加えると 驚くほどスムーズなスケールになり 更にこの音はC#dim7の立派なテンションノートにもなりますので 一石二鳥 一挙両得 濡れ手に粟 棚から牡丹餅 五十歩百歩 何とでも言って下さい
そういう変化を加えています(音数が1個増えていますので3連符にしました)


Eはその結果を しつこく書いたものです

この都合が良いように変化させると言う事が大事なことで 理論なんかに拘ると こういうフレキシビリティーが失われ 音楽は硬直したものになってしまいます


段々疲れてまいりました
ここらでもう一度 音源を聴いてください
僕はその間 ちょっとトイレへ・・・


さて 先に進みましょう

Fは ディミニッシュコードのテンションノートの考え方です
 ディミニッシュコードのテンションは コードトーンの全音上で本来のスケール(この場合はCのメジャースケール)に含まれる音です
C#dim7のスケール内のノンコードトーン(コード外の音)は
D F A そして付け加えた C の音です
DとFの音は 残念ながらコードトーンの半音上なので あっちに行け! となってしまいます
AとCの音は これはもう 認める 正妻の子たるテンションです

Fの左側は 押しも押されぬC#dim7のコードトーンで 右側はノンコードトーンです そしてこのノンコードトーンの下二つは あっちに行け! で上二つは目に入れても痛くないほどの可愛いテンションです

だけど良く見てくださいね 右側の4つの音
この音は?・・・ Dm7の構成音そのものではありませんか
つまり 下二つの構成音までテンションだと認めてしまえば 何と
Dm7に向かうために わざわざそのドミナントとしておいたコードの中に 次に向かうべきコードが含まれると言う歪な関係になり これは近親相姦並みに具合の悪いことです

これはちょっと言い過ぎかも知れませんが
犯人が判って推理小説を読むような 味気ない感覚は否めません

だけど これは本来の理由ではありません

DとFの音をテンションにすると 本来の構成音と♭9の音程が出現するため 忌み嫌われるということが真の理由です
この♭9の音程は 言葉だけでも覚えておいて下さい

Gです
ちょっと待った! DとFが半音上で具合が悪いなら 両方ともシャープさせればOK? D#とF#にしてテンションにすれば良いじゃないか!

いや あの その音は 本来のCのスケールに無い音だから ちょっと難しい

何を寝言を言ってんだ! 誰が決めたそんなこと?
そんな考えだから 音楽が停滞するんだろうが ゴラァ! 構わねえから入れちまえ!

そして D#とF#は 紆余曲折を経て テンションと認められました 但し 今のところ妾腹 という扱いは 気の毒なようでもありますが・・・

そしてこの認知された子供が登場するドラマは紛糾して面白くなるように 鬼っこテンションを含むコードも 色んな変化を見せて音楽を盛り上げてくれます

そしてGの右側の音 DとFを#させることで テンションノートが構成する音はD#dim7になっているという 当たり前と言えばあまりにも当たり前な事実

そして この事実を元に コンディミの世界は拡がって行く訳ですが 実はそれほど拡がるわけでもないという 底が見えてしまったお話と 本日解説が漏れてしまった部分を 次回から引き続き書いていこうかと思っています




ブログランキング 参加しました

banner2.gif

posted by リッツ at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディミニッシュ研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。