2007年07月28日

キャバレーのギタリスト

最初の店は短かった

多分2ヵ月未満で次の店に移ったと思う
チェンジバンド(コチラがメインバンドだった)のピアニストが辞めるので お前ピアノ弾かないかとバンマスに言われた
僕はピアノは触ったことも無いに等しい状態だったし 特にキャバレーのバンドはショーの伴奏がある
この時は 勧進帳のように長い楽譜を見て弾かなければならないけど そんなこと ピアノが弾けない僕に出来る訳がない
長い目で見れば この時ピアノに転向して 叱られながらでもピアニストになっていれば その後の僕の人生 何かの変化があったと思うけど プラスになったかマイナスになったかは 神のみぞ知る だろう

当時は 女みたいに椅子に座って弾く楽器は格好悪いという意識があって ピアノを弾きたいなんて少しも思わなかったけど 長いこと音楽をやってると あの時半年でもピアノをやっておけば良かったかなという後悔も 無い訳ではない

バンドマンの世界は 噂が広まるのは早い
某三流キャバレーに入ったベースは ギターも弾けるし譜面も強い
そんな噂が割合広まったんだろう 恥ずかしながら僕のことです

あるバンドから引っ張りが来ました

そのバンドは 少しだけランクが上がって 2流キャバレーのそこそこ良いバンドで ギターも含めて5人編成ですが 今は良いギターが見つからないので トランペットがエキストラで入っているとのこと

聞けば 以前 大型ディスコでブラスロックを中心に先進的な演奏を聞かせていたグループらしく ジャズもロックも両方弾けるギターを探していた

僕はジャズは弾けないし ロックも中途半端
不安はベースでプロになるときよりも随分大きかったけど ギターでプロとして仕事が出来るということが大きな魅力で そのオファーを受けることにした

ギャラは月8万円 1軒のギャラでは少しだけアップ
掛け持ちの分はオマケみたいなものだから 単純にランクアップだと喜んだ

この店もバンドも楽しかった

客が入ってくれば 歌謡曲が中心になるけど それまでは クルセダーズやクインシー・ジョーンズの洒落たアレンジのナンバーがゴロゴロしてて 難しかったけど 楽しかった
初めて耳にする音楽だったけど 僕のような 中途半端なギタリストにはピッタリの曲が多かった

一応 譜面は読めませんと言って入ったバンドだったから アルトサックスのバンマスは 僕の読譜力や演奏は 随分気に入ってくれた
ただ 彼から言われたのは エレキギターはもっと斬新なことを目指せよ と言うことだった

当時 胸までかかる長髪をなびかせる僕の外見は ロッカーそのものだったし ギターもレスポールを使っていたので バンマスは僕に 曲によってはエフェクターを使って ディストーション系のギターを求めていたんだろうけど 僕はエフェクターが苦手で 唯一フェイズシフターだけはたまに使ったけど 基本的にはアンプ直でギターを弾いてた

僕の肩くらいまである大きなギターアンプだったから ディストーションは掛からなかったけど クリーントーンで頑張った

僕が曲を覚えるのが早いこと バンマスは直ぐに見抜き ヌードショーのバックのときなどは 僕に目配せするので ほとんど一人でメロディーを引き続け バンマスは 懸命にヌードショーに見入っていた
可愛いバンマスだった

このバンドのドラマーは18歳 僕より2歳下で だけど 上手かった
16歳から プロのロックバンドのドラマーとして仕事をしている人で パンチがあってタイトで 僕はこんなに格好良いドラマーと一緒に演奏したことは無かったから 彼のドラムはいたく気に入った

彼と店が終わったあと 何時間も一緒に過ごし 少しづつジャズの世界に引き込まれていった



ブログランキング 応援お願いします

banner2.gif

2007年07月27日

エレキギター初心者H君 スランプ???

エレキギター初心者H君のレッスンは 毎週1回行っています

昨夜もレッスンを行いました

どうやら彼も 最初の壁にぶつかってしまったようです

昨夜のテーマ曲は ビートルズの オール・マイ・ラヴィング です
テーマ曲は 僕は一切指示を出しません
H君が 自分が弾きたい曲を決め 自分で練習してきて それを僕に聴かせ 僕が アドヴァイスをするというレッスンです

チャック・ベリーが弾きたいというH君 最近はビートルズにご執心で ここ3回ほどは ビートルズの曲が中心になっています

ビートルズのCDを買い その中の好きな曲を 出来るだけ自分でコピーして 僕に聴かせてくれるのですが いつもなかなか上手にコピーしてきて あまりアドヴァイスすることもありません

ところが昨夜は 彼の顔色が良くありません
顔を合わせた途端に
「絶不調です 練習もやる気が出なくて ちょっと行き詰っています」と来ました

まあ あまり深刻に考えずに 適当にやろうよとなだめてレッスンを始めます
彼は何かを弾き始めました
何の曲だろう?
しばらくして ようやく オール・マイ・ラヴィング だという事は判りましたが 全く曲になっていません

「酷いね・・・」

「そうなんです 全く判らなくて」

「ある程度 頑張った?」

「ええ 昨日1日やってみましたが 全くわかりません」

「じゃあ コードから教えよう」

彼が持ってきたCDを聴き 直ぐに彼にコードを伝えるために 彼の前で弾く と言うのが段取りなのですが
聞き覚えのあるこの曲 コードが割合難しい

いつも 一度聴いただけで彼の前でスラスラと同じように弾く僕の芸当に 彼はいつも目を丸くするのですが この曲は僕もなかなか音が取れません

仕方なくギターを手にして音を拾いながら どうにか曲が判りました
僕には思いも付かないコード進行で 何よりも格好良いコード付けです
やはり 天才と言われる人は違うな 正直な感想です

この曲が全く判らないH君
僕の心配は消えました この曲は取れなくても仕方ないなと

彼にコードを教え 間奏部分を紐解いて説明し しばらく彼に自由に弾いてもらいます

何か変だな・・・

彼の弾き方 全く跳ねていません
この曲は 基本的には3連符のノリで 3連じゃないところも ずっと跳ねるリズムです

ところが彼の演奏 全く跳ねず ロックンロール調の8ビートで弾いています

見かねて口を出します

「跳ねて演奏しろよ!」

「え? 跳ねるって どういう事ですか?」

「ズクチャカ ズクチャカ じゃなくて ズックチャッカ ズックチャッカと弾くんだ」

「え? 意味が判りません・・・」

H君 このリズムが本当に判らないようです
何で判らないのか 僕が教えて戴きたいくらいです

このことのためだけに 小1時間も 練習したでしょうか・・・

それでどうにか 跳ねて弾けるようになりました と書きたいところなんですが

実際は 彼はこの跳ねるリズム どうしても身体に無いようで
放っておくと 直ぐに8ビートに戻ります

「跳ねて!」 「跳ねてないぞ!」 「もっと跳ねて!!!」

何度も声を掛けますが なかなか跳ねてくれません

昨夜の練習は H君 スキップを出来ない子供が無理にするスキップのような跳ね方を したりしなかったり

音楽の世界は 広大ですし 初心者の世界 まだまだ僕が知らない茫漠たる世界が存在しているようで
いやはや 勉強になりました

だけど 次回のレッスン日
彼はおそらく 飛び跳ねながら この曲を弾いてくれるだろうと思っています
エレキギター初心者のH君とは そんな不思議な初心者です



ブログランキング 応援お願いします

banner2.gif

posted by リッツ at 10:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | エレキギター初級編

2007年07月24日

初心者向けに コードの大事な話

エレキギター初心者編 久し振りになります

今日はエレキギター初心者向けに コードに関する大事な話を書こうと思います

いずれ機会があれば 詳しくコードのことを解説しても良いかなと思いますが そういう情報は巷に溢れかえっていますので 今更僕が屋上屋を架しても あまり意味がないのかも知れません

ですから今日は あまり教則本などに書かれていないことを中心に書きます


先ず 第1点

エレキギターの難しさは 何処にあると思いますか?

エレキギターは難しい 僕の持論であり 当ブログのテーマでもあります

どこが難しいの?

それは 音をコントロールすることだと思っています

音が伸び難いギターと言う楽器 減衰音の楽器ですから当然の話ですが エレキギターに限って言えば アンプやエフェクターのセッティングで 音は何処まででも伸ばせるようになります

音が伸びないギターに対し エレキギターは音が伸びすぎるという欠点を持つことになりました
しかも その伸びすぎる音は 時には思いもかけぬ大音量で響き渡る雑音製造機の側面を併せ持つようになりました

そこでコードの話ですが

ギター初心者が最初に覚えるコードは 開放弦を使うローポジションのコードです

これは押さえやすく覚えやすいという非常な利点が有りますが 一方 音がコントロールし難いという エレキギターにとっては致命的とも言える弱点を持っています

ですから エレキギターでは 特殊な用途を除き 開放弦を含むローコードを弾くケースは少ないのですが
一番大きな理由は 左手が触れていない弦から音が出る つまりその音は コントロールし難いと言う理由に外なりません

エレキギターを志す人は 出来るだけ速い機会に ローコードからハイコードに進み 左手の微妙なコントロールを覚えなければならないと思います

そこで 第2点ですが

コードは最初はフォームで覚えます

コードブックに載ったフォームの通りに押さえれば その響きがしますので 最初はこの方法で十分です 初心者のベテランや中級者以上になれば 同じコードでも 押さえるポジションによる響きの違いから どのポジションで押さえれば 求めるサウンドが得られるか 段々と判って来ます

そこで ここで提案したいのは フォームで抑えるコードの構成音を理解するように努めてはいかがでしょうか? と言うことです

例えば Dm7

一般的な構成音は D F A C ですが

この音が順不同で 例えば ADACFA とか DACF とかの順番で ギターのフレット上に表現されますが
中には DFCF 等と Aの音を含まないフォームもあります

このフォームは コードの5度の音を含まないと言う欠点がありますが 使用してみて判るように 何の違和感も無く 曲の中に溶け込むサウンドとなります

更に このフォームですと Dm7 だけではなく Dm7(♭5)の時にも そのまま使えますし(5度の音が無いので どちらにも転用が利きます)
更にF6と言うコードとしても使用できますし

その他色々な理由で 特にジャズのサウンドの中ではコードの変化形として 下記のコードの中で ほとんどの場合 違和感無く使えます

Fm6 F7 Gm7 B♭ Csus4 G7sus4 他にも色々あります


コードを勉強する場合 大事な点は以上の2点です

第1点は たやすく出来るでしょうが
第2点は そこそこの努力を必要とします

だけど 初心者の段階から そういう努力を続けるという事で 1年後2年後には その成果は 大きく出てきます

自分が抑えるコードの構成音を覚えるという事は 最終的には 自分でコードフォームを作るという作業に行き着きます
だけど 今更新しいコードフォームと言うものは もう 見つからないと思います

コードフォームに 大発見は期待できません
それでも 自分で音を拾ってコードフォームを作って行くレベルまで行ければ(その途中の努力が 意味があるのですが) 音楽的には 大きな成長を遂げているであろう事 間違いありません


今日のポイントを まとめて見ましょう

「ミュージシャンは 自分が何を弾いているのか 理解した上で 音を出すように心掛けましょう」

こういう事です

ブログランキング 応援お願いします

banner2.gif

 
posted by リッツ at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | エレキギター初級編

2007年07月19日

ジョージ・ベンソンのステラ・バイ・スターライト

ジョージ・ベンソン(George Benson)は 憧れのギタリストです
おそらく クリーントーンでエレキギターを弾くという事に関しては 世界一上手いギタリストだと思います 

僕自身は 彼のコピーはあまりやったことはありません
コピーしても どうせ弾けないし・・・
そんな感じで 聴き専に徹していましたが
何とか彼のサウンドやリズムの秘密の一端を垣間見たい
そんな欲望は 抑え切れません
これから 少しづつ 彼のアドリブやサウンドも 研究して行きたいなと思っています

今日は 彼の好演 ステラ・バイ・スターライト(Stella by starlight)を 取り上げます

取り上げると言っても 期待はしないで下さい
僕には彼のプレイを分析して あーだこうだ 言う能力はありません
いつものように 彼のニセモノの音源をアップして 楽譜をチラリとお見せするだけです



george benson stella by starlight

george benson stella by starlight

題材はベンソンの Tenderly と言うアルバムから拝借しましたが ピアノソロは 僕が一番好きな ソニー・クラーク(Sony Clark)が ジミー・レイニーと競演したアルバムの中から取りました

この二人が合うとは思えませんが 少なくとも ベンソンのアルバムの中の マッコイ・タイナーのソロよりは マッチしてるかな? と思います


ベンソンのアドリブですが

やっぱり ブルーノートの使い方が上手い!

曲頭のC#m7−5は ほとんどGと解釈して弾いてますので とても自然な感じがしますし なるほど こんな風に弾けば良いんだと思うのですが 実際はマネすら出来ません
もともと代理コードですから GM7#11と考えれば当たり前の話ですが そんなことを頭で考えて と言うよりも こんなメロディーが浮かびました みたいな感じで弾いてるようですから 僕とは100万光年隔たりがあるという事でしょう

ところどころ コードの解釈を変えてモードチェンジを行っていますし それが効果的なんですが 僕にはそのコンセプトが理解出来ません
ベンソンも結構良い加減かな? なんて思ってしまいましたが
これは僕の勘違いなんでしょう 僕が知らない方法論みたいなものが有るのでしょう

まあ ボチボチ研究しながら 理解と言うよりも ベンソンの匂いを身につけて行きたいなというのが 本音です
それで どうこうなると言う物ではありませんが まあ ベンソンのこと好きですから やっぱり少しは理解したい


ところで ソニー・クラーク

彼のソロは 美しい
カチッと纏まっていて 曖昧な音使いもありません
判りやすい
そして 尚且つ 色気や歌心を感じます

付け加えて言えば 実際の演奏

ベンソンの演奏は このMIDI音源よりも少しだけ速いテンポで演奏されていますが バウンスの仕方は このMIDI音源並みか もうすこしバウンスしています

一方 ソニー・クラークの音源は 少しだけ遅いテンポで演奏されたものを採譜したのですが それでも このMIDI音源よりも バウンスしていません
彼の八分音符は イーブンに近い

同じ黒人で ベンソンはお手本のようなロイク(黒人)の乗りですが ソニー・クラークは何と表現したら良いのでしょうか
古臭い音使いですが これはこれで 黒人の本質に迫る音楽なんでしょう

書いてる本人が良く判ってないのだから まとめようも有りませんが

僕はこのご両人 やっぱり好きだな

彼らの競演は おそらくこの音源でしか聴けないでしょう
まあ 気持ちの良いものではあります



ブログランキング 応援お願いします

banner2.gif

2007年07月16日

バンドマンの世界へ

エレキギターでディスコの箱バンドに

という僕の夢とは関係なく 僕のプロのキャリアは キャバレーのベーシストという形で始まった

何でこうなるの?と言いたいところだが はっきり「お金のため」だった

大学の学費だけは親が出してくれるが 大学へ行く交通費 教科書代 小遣い 一切合財 自分で賄わなければならない
必然的に アルバイトをしなければならないのだけど なかなか良いバイトも無い

時間だけはタップリあるから バンド仲間のアパートに入り浸って 音楽を聴いたり 話をしたり だけど 飯を食おう となると 金が無いから 食堂に行って ご飯だけを買い それに醤油をかけて喰ったりしていた

前年にしていたバイトは 夕方6時から深夜3時まで ほぼフルタイムで働いても 月に4万円を超えることは無かった

ベーシストとしての仕事は 月給7万5千円 と言う話だから それだけでも貧乏とはオサラバ出来る
弾けもしないベースの仕事に不安は有ったが そんなこと言ってられないほど困窮していたから 早速OKの返事をして キャバレーのバンドのベーシストになった

これは楽だった
譜面はコードとメロディーが書いてある簡単なもので ベースは適当に弾けば良い ギターよりも大きなエレキベースはチョッピリ重くて 最初は音の位置を間違えたりしたけど ギターのフレーズを弾くことと比べれば なんと楽なことか

何故かコードの構成音だけは 知っていたから 何の苦労も無かった

更に良いことは 休憩時間には 別のクラブに 掛け持ちと言って 短いステージを行いに行くんだけど そこではギターを弾いた

ギターとベースとドラムのトリオで 僕が弾ける歌謡曲やポップスやラテンナンバーを適当に弾くだけだから これも何でも無い仕事で ギターを弾けること自体が嬉しかった

半月後の給料日(給料は月2回制だった)に給料を貰って驚いた

7万5千円?

半月分だから37500円の筈だけど?と思ったので 直ぐに尋ねてみた

「掛け持ちやってるから 1軒が75000円 両方で15万だ!」

まあ 何と有り難い話!

当時の大卒の初任給は月7万弱だったと思う
それがいきなり月15万円

僕は貧乏を通り越して いきなり金持ちになってしまったようだ

こんな大金 どうやって使えば良いんだろう
その時は本当にそう思った

お金の話はそれくらいにして 音楽の話

キャバレーのバンドは楽だった

ロックのように レコードソックリに弾く必要は無い

それなりのリズムで それなりのメロディーを弾けばそれでOK
それすら出来ない連中が プロです と言う顔をして闊歩するのがバンドマンの世界で

そりゃあ 中には大変上手い人も居て 僕らとは別次元の存在(当時はそう思っていた)なんだけど 大方は ブラスバンド上がりや ちょっと楽器を弾いたことがある という程度の連中が 高い金を貰ってステージに立ってた

楽譜が読める これで最低限度OK
初見が利く  これならば申し分なし

雑な表現だけど こんな感じで評価されてた

僕自身は 一応 楽譜は読めない 初見なんてとんでもない というレベルで見習いのような形でプロの世界に飛び込んだわけだけど 実際は楽譜が読めたし初見も利いた
それを自分が知らなかっただけだ

たまに出てくる ヘ音記号のベース用譜面には しばし戸惑ったけど 4〜5回も見れば 何とかスムーズに弾けるようになる
何と言ってもベースの譜面は音数が少ないから 本当に簡単だった

だけど 僕が連中に対して持っていた一番のアドバンテージは
曲を覚える能力だったと思う

楽譜が読めた という事も 実際は 曲を覚える能力に長けていたという事で 聞いた事がある曲は楽譜なんて見なくても 弾くことが出来たから 結果的に

「あいつは譜面が読めないと聞いてたけど 譜面が読めるし初見も利く」 と評価されてたみたいだ

そして 僕のエレキギターの腕前は?と言うと
相変わらず初心者レベルで ロックの世界ならば 僕の同年代でステージに上がっている連中の中では最も底辺の腕前だったと思う

先はまだまだ長い


ブログランキング 応援お願いします

banner2.gif

2007年07月03日

ウッドストックのジミ・ヘンドリクス

久し振りにジミ・ヘンドリクスを見たくなってyoutubeを探してみました

ジミ・ヘンドリクス ファイアー



やっぱり 格好良いな 彼は
どの映像を見ても 彼は時々メンバーやスタッフに 難しい顔を見せるけど 何を考え 何を喋っているんだろうか

ブログランキング 応援お願いします

banner2.gif

タグ:音楽 YouTube

2007年07月02日

大学生活と音楽活動

記事とは全く関係ないけど 生徒さんの画像を載せたので 僕の画像も載せておこう

H君はこれからどんどんエレキギターが上達する
僕はどんどん下手になる
二人のエレキギターを弾く力はどこかで交差するんだろうけど
彼には早く上手くなってもらいたいけど 僕もむざむざと彼に抜かれはしない
良い刺激だ



さて 僕がジャズギタリストになるまで

まだまだ話は長くなりそうなので 先を急ごう

いつのまにか どこかの駅弁大学の大学生になっていた
当時の大学は 軽音楽部や器楽部華やかりし頃で 応援団の勧誘をかいくぐって 計音楽部に入部・・・
しようなんて 更々思わなかった
折角大学生になれたのに また先輩だ 後輩だ って そんな煩わしいことが大嫌いだった

僕は高校の時のバンドでしばらくは音楽活動を続けようと思っていたし 僕の目標はあくまでも 繁華街にあるディスコの箱バンド
大学で生ぬるい音楽をする気なんてさらさら無かった

とはいえ 僕のギターはやっぱりイカサナイ 僕らのバンドもイカサナイ

月に1〜2度の米軍キャンプの仕事が唯一の収入源では 楽しかるべき大学生活も非常に制限される

貧乏に辟易して 繁華街でボーイのアルバイトを始めた
たまのステージでは休ませて貰ったが 毎日夕方の6時から夜中の3時くらいまでアルバイトをしてた
それはそれで楽しかったけど 貧乏から脱出するには至らなかった

ステージも数えるほどしか無く たまに地方のライブに招待されたり ドサ廻りのような仕事ともライブともつかないようなステージはあるけど 僕らのバンドがやるような 没個性のハードロックは 人気が低迷しつつあり ストーンズや ブルースや 何かバンドの方向性をはっきりしないと ジリ貧だな〜との危機感は 日に日に募っていった

僕が目標とする ディスコやダンスホールのバンドの連中は 僕らといくつも変らない若い連中が多かったし その年齢で かなりのレベルの演奏をしていたから 僕の夢もなかなか実現しい難いな〜と
折角大学生になれたのに ばら色の学生生活とは言い難かった

おまけにバイト先が倒産し バイトを失った僕は 半年ほどパチプロをして生活を支えていたけど そのパチンコも 電動式に変更になり 全く勝てなくなってそれも止めた

大学2年生の夏は 経済的にどん底で それでも友人のアパートにたむろして いっぱしのロッカーやヒッピーを気取った生活で 何とか糊口をしのいでいた

秋口に入り 丁度20歳を迎えようかと言う時に キャバレーのバンドの一員として仕事をしないかとの誘いを受けた
聞けば ベーシストを探してるとのこと

ベースか・・・ ベースは嫌だな 弾いたことないし 楽器も持たないし

ちょっと迷ったけど 背に腹は変えられない
バンドが持ってるベースを借りることを前提に ベーシストとして そのキャバレーのバンドの いわゆる箱バンドに入ることになった
このことをキッカケに 僕の音楽人生が急速に転換して行く



ブログランキング 応援お願いします

banner2.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。